南インドツアー

南インド東側のタミル・ナードゥ州の街々を巡る

ベンガル湾に面した南インドの東側、タミルナードゥ州の街々を巡るツアーです。イスラム文化の影響をあまり受けることがなく、古代より残るドラヴィダ人の文化。独特の寺院。のんびりとした雰囲気。南インドでの休暇は、北インドとはまた一味違った、豊かなものになるでしょう。

下記旅程はツアーの一例です。最後の訪問地のであるドゥライから、サファリが楽しめるペリヤール動物保護区やインド亜大陸最南端のカニャークマリ(コモリン岬)を旅行先に加えたり、南インド西側のケーララを合わせて訪れるのもお薦めです。お客様のご要望に合わせてツアーの内容や旅程をアレンジ致します。日本発着でもインド国内発着でも手配可能です。

ツアーの旅程一例

旅行先
チェンナイ(Chennai)(旧名:マドラス Madras)、コーブロング(Covelong)、カーンチープラム(Kanchipuram)、 マハーバリプラム(Mahabalipuram)、 プドゥチェリー(Puducherry)(旧名:ポンディチェリー Pondicherry)、タンジャーヴール(Thanjavur)(旧名:タンジョール Tanjore)、ティルチラパッリ(Tiruchirappalli)(旧名:ティルチィ Trichy)、マドゥライ(Madurai)
旅行日数
5泊6日
場所 内容
1 チェンナイ - コーブロング

チェンナイ国際空港に到着後、専用車にてコーブロング(Covelong)に移動(43 km / 所要時間約1時間)。到着後、ホテルにチェックイン。

チェンナイ市内観光の旅程を追加することも可能です)

コーブロング泊

3 コーブロング

終日、ヒンドゥ7大聖地の1つの寺院都市 カーンチープラム(Kanchipuram)と、世界遺産に登録されている石造寺院群があるマハーバリプラム(Mahabalipuram)を観光する。

コーブロング泊

4 コーブロング - プドゥチェリー
Pondicherry

朝食後、専用車でプドゥチェリー(Pondicherry)に移動(162 km / 所要時間約4時間)。

到着後、プドゥチェリーを観光。ボタニカル・ガーデン(植物園)サクレ・クール教会(Eglise De Sacre Coeur De Jesus)オーロビンド・アーシュラム(Sri Aurobindo Ashram)等を巡る。その後、オーロヴィル(Auroville)、別名シティー・オブ・ドーンを観光。ヒンドゥ教哲学者である故オーロビンド・ゴーシュの理想を実現するためのコミューンであり、フランス人建築家ロジャー・アージャー(Roger Arger)によって設計された。

プドゥチェリー泊

5 プドゥチェリー - タンジャーヴール

朝食後、専用車でタンジャーヴール(Tanjore)に移動(177 km / 所要時間約4.5時間)。

到着後、タンジャーヴールを観光。タンジャーヴールは、9世紀から13世紀にかけてチョーラ朝の首都であり、このとき多くのシヴァ寺院が建設された。ラージャ・ラージャ・チョーラ王(Raja Raja Chola)(在位985~1012)によってつくられたブリハディーシュワラ寺院(Brihadeeswarar)は、62m超の壮大な本殿と、外壁の彫像が特徴。世界遺産にも登録されている。

タンジャーヴール泊

6 タンジャーヴール - ティルチラパッリ - マドゥライ
Rock Fort Temple, Trichy

朝食後、専用車でマドゥライ(Madurai)に移動(190 km / 所要時間約5.5時間)。途中、ティルチラパッリ(Tiruchirappalli)を観光。ロック・フォート(Rock Fort)の寺院を見学する。岩山をくり抜いてつくられた階段をのぼり、1772年に爆破された巨大なホールの残骸、シヴァ神を祀るターユマーナスワーミ寺院(Sri Thayumanaswamy)、そして頂上にあり眺望のよい、ガネーシャ神を祀るウチピラヤール寺院(Uchhi Pillayar)を見学する。

ティルチラパッリを観光後、マドゥライに移動。到着後、ホテルにチェックイン。夕方、ミーナークシー・アンマン寺院(Meenakshi Ammon temple)をオートリキシャー(自動三輪車)を利用して訪れ、ここで毎晩行われる儀式を見学する。祈りと音楽が捧げられる中、シバ神の像が、これが祀られる寺院から、その妻のパールヴァティー(元はドラヴィダ民族土着の女神であるミーナークシー)が祀られる寺院に運ばれる儀式である。

マドゥライ泊

7 マドゥライ
Meenakshi Ammon temple in Madurai

Transfer to Madurai Airport for flight back home.

早めの朝食後、マドゥライを観光する。代表的なドラヴィダ様式のヒンドゥー寺院であるミーナークシー・アンマン寺院(Meenakshi Ammon temple)や、1636年に建築されたティルマライ・ナーヤカ宮殿(Thirumalai Nayakkar Palace)を見学する。

観光後、マドゥライ空港に移動して帰路につく。

お問い合わせください

お客様のご要望に合わせてツアーの内容や旅程を調整致します。まずはこちらのフォームよりお問い合わせ・お見積もり依頼をしてください。

ツアー発着場所の変更、日本もしくはその他の地域からツアー発着場所までの航空券の予約、旅行先や滞在期間の変更、他のツアーとの組み合わせにも柔軟に対応させて頂きます。

お問い合わせ・お見積もり